2006年01月31日

PC-Talker XP と IBUKI-TEN の組み合わせで点字ディスプレイが使えない!!(解決編)

IBUKI-TENを入れているのに、PC-Talker XP で、点字ディスプレイ出力できない!の件のその後です。

結論から言いますと、知り合いのかたに、高知システム開発に問い合わせていただいた結果、
力技でなんとかなりました(苦笑)。

ポイントは2点でした。

 ・PC-Talkerの点訳エンジンとして使えるIBUKI-TEN は、Ver.0.51以前まで。
 ・そのIBUKI-TENをインストールし、それでも認識しないときには、
  IBUKI-TENのフォルダ内にある、あるファイルをPC-Talkerのあるフォルダにコピーする。

マニュアルの、どこにも書いてないです(苦笑)。

それでは、IBUKI-TEN と、PC-Talkerがインストールされているとして、
その後の手順です。

---手順---
フォルダ「Program Files」内の「IBUKI-TEN」のフォルダから、

 IbukiDLL.dll
 WordCategoryDLL.dll
 Text2Nabcc.dll

上記3つのファイルを、同じく「Program Files」内にあるであろう、
「KSD」フォルダ内の「PCTalker」フォルダ内にコピーする。

PC-Talkerを再起動する。

---手順ここまで---

こちらの環境では、これで使えるようになりました。
念のため、最新版のIBUKI-TEN Ver.0.55で同様のことをしましたが、
高知システム開発さんのおっしゃるとおり、だめでした。

いやー、大変でした。
素直に、EXTRAを買って入れたほうがいいんでしょうね(苦笑)。

ちなみに、点訳品質までは確認してないです。
それ次第でも、EXTRAのほうがいいかもしれないですね。
ま、とりあえず使えるようにするには、ということで。

最後に、今回の環境を書いておきます。

○こちらの環境

 パソコン:SONY VAIO T (VGN-TX51B)
 OS:Windows XP
 メモリ:512MB
 点字ディスプレイ:KGS ブレイルノート46X
 接続には、シリアル-USB変換機(ELECOM UC-SGT)使用。

○用意したソフト

 スクリーンリーダー:PC-Talker XP Ver.1.14
 IBUKI-TEN Ver.0.50

posted by おにぎり at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック