2006年06月21日

PC-Talker + IBUKI-TEN で点字ディスプレイを使う場合の「読み」の修正・追加

IBUKI-Tenは、PC-Talkerで、無料で点字出力用の点訳エンジンとして使えるのでありがたい存在なのですが、固有名詞や地名の追加や、「未開封」を「みかいふーじ」など、明らかにおかしい読みの修正ができたらな、と思い、開発元の岐阜大学に問い合わせたところ、回答が帰ってきました。
いつも丁寧な回答、感謝感謝です。

以下、返ってきた回答を、ブログ用に手直ししたものです。

※これらの方法で起こった問題に、当方は責任を持ちません。自己責任でお願いします。


ここから

○今回検証した環境
Windows XP SP2
PC-Talker XP 1.1.2
(多分PC-Talkerでも大丈夫かと(未検証))。

○用意するもの
IBUKI-TEN Ver 0.51

○手順

まず、IBUKI-TEN または IBUKI-TEN EDIT を起動して、読みの追加を行う。

そしてIBUKI-TENやPC-Talkerが起動している場合は、それらを終了させてから
以下の作業を行う。

1.「IBUKI-TEN」フォルダ内「dic」フォルダの中にある、「initdic.pat」「initdic.pat_」この2つのファイルを削除する。
この2つのファイルは初期辞書ファイルなので、削除する前に別のフォルダにコピーするなどして、バックアップしておいたほうが良い。

2.「IBUKI-TEN」フォルダ内「userdic」フォルダの中にある2つのユーザー辞書ファイルを「dic」フォルダにコピーする。
ユーザー辞書ファイルのファイル名は、初期状態では「userdic.pat」「userdic.pat_」となる。
別のファイル名でユーザー辞書を作成した場合は、上記ファイル名の「userdic」の部分が辞書作成時に指定したファイル名になっている。

3.「dic」フォルダにコピーした「userdic.pat」「userdic.pat_」のファイル名を「initdic.pat」「initdic.pat_」にそれぞれ変更する。


上記の作業を行った後でも、新たに単語登録を行った場合などは、上記の手順を繰り返さないと点字ピンディスプレイ出力には反映されない。

説明ここまで。

以下、関係ソフトへのリンク

IBUKI-TEN
PC-Talker(サポートページへ)
posted by おにぎり at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック