2018年01月03日

「振動温度計」2号機

「振動温度計」の2号機を作りました。
実際には、完成したのは結構前ですが、ここに書いていなかったので。


ちなみに1号機の記事はこれです。


文中にも書いた通り、1号機は動作が怪しく、ボタンを押す毎に温度が1度ずつ上がっていったりとか(笑)。
原因は、電源電圧が低かったこと。単なる知識不足だったのですが、知識ないところからスタートして、よくぞここまで作ったなと。

そんなわけで、色々な反省をもとに、2号機を作りました。


振動温度計2号機.jpg


特徴というか概要というか言い訳は、以下のような感じ。

  • 振動のルールは、以前と同様、長い振動が十の位、短い振動が一の位。
  • 今回はマイナスの温度も測れるように、マイナスの場合は最初に十の位よりも長い振動をするようにプログラムしています。
  • 前回とても怪しかった動作を、ひとまず安定させることができました。
  • マイコンボードは、今回の用途には必要十分なスペックで、かつ小型なものに変更(AdafruitのTrinket 3.3V版)。
  • 薄いケースにボタンを付ける技術がなかったことと、とりあえず人に見せられる状態にすることを優先にしたので、温度測定ボタンは基盤に直接設置。つまりフタを閉めると操作できません(笑)。
  • 同様の理由で、電源スイッチありません。電池入れたら即オンです。


というわけで「こんなものを作りたいと思っている」と人に説明できるだけのものは、できました。

次は、実際に人に渡して使ってもらえるレベルのものが目標。
そのためには、以下の問題をクリアしなければなりません。

  • ケースをちゃんとしたものに。できればデザイン的にイケてるやつ。
  • 当然のことながら、ボタンをケースの外に(笑)。
  • できれば電源スイッチ廃止。ちょうど業界では知られたメテオに電源スイッチがないように。

どれも私にはハードルの高い課題ばかり。でもがんばってみます。

※技術的なことをがきになるかたはこちらをどうぞ→振動温度計を作りました

ラベル:Arduino
posted by おにぎり at 14:47| Comment(0) | 盲ろう関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: