2018年07月09日

音声読み上げ・点字ディスプレイで表示可能なNHKの災害関係サイト2つを調べてみる

今回は西日本で水害、少し前には大阪北部で地震と、災害が続いていますね。
被害が大きく、胸が痛みます。

確認の意味も込めて、NHKの災害関係サイト2つを、 VoiceOver状態のiPhoneと らくらくホン(らくらくホンプレミアム)でアクセスしてみました。

「NHKオンライン 携帯・読み上げ版」内の情報

PCやスマホのみならず、らくらくホンなど、 いわゆるガラケーのブラウザでもアクセスできる、 テキストベースのサイトです。
トップページのURLは、以下の通りです。

http://k.nhk.jp

情報は都道府県別に分かれていますので、携帯読み上げ版の トップページから「各地のNHK放送局ページ」に入ると、 各地方局へのリンクがあります。

ちなみにこの各地方局へのリンクページは、以下のURLです。

http://www.nhk.or.jp/ktop/tlinks.html

各地方局のサイトに入ると、災害時は「詳細はこちら」とか「災害情報」というリンクが出ています。

NHKにきちんと確認したわけではないのですが、過去確認した 範囲では、「詳細はこちら」から入るページには、 災害時テレビ画面に出る、いわゆるL字テロップの内容が そのまま出ています。L字テロップはテレビでは音声化されませんので、目の不自由な方が自力で確認する際に役立ちます。
もうひとつの「災害情報」の方が詳細ですが、全体的に確認するには向いていると思います。

もうひとつの「災害情報」には、避難情報、開設避難所情報、 警戒河川水位情報、雨量情報など、「詳細はこちら」よりも詳しい情報が書かれています。例えば開設避難所情報には、「詳細はこちら」にはない、避難所の住所や連絡先なども ありました。

サイト全体を通して、見出しの設定はありませんでしたので、
見出しジャンプなどの機能は使えないこととなります。


NHK「各地域災害情報」サイト

下記がトップページのURLです。

http://www5.nhk.or.jp/saigai/

掲載されている情報は最初の携帯読み上げ版と同じですが、より視覚的です。見出し設定もあります。
ただし、らくらくホンではアクセスできませんでした。 iPhoneおよびPCからは問題なくできました。

ちなみに、最初の地域選択で、地域名のところは「リンク」と 言いません。iPhoneの場合、そこでダブルタップ (アクティベート)するとページが切り替わるわけではなく、 その下に都道府県ごとの情報の見出しがプルダウンメニューのように出てきます。そこから先はリンクをひらく形で進めます。 そのあたりの表示方法に慣れていないかたには、ちょっと 戸惑う部分かもしれません。

また、情報の中には表(ひょう)が使われている部分がありますが、確認できた範囲では、順番に読み上げさせれば、内容はつかめるものでした。

PCで各地域の情報を一覧的に表示させたいとか、 iPhoneでの操作に慣れている場合には、よいかもしれません。
posted by おにぎり at 17:52| Comment(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

触覚を再現する「簡易テクタイルツールキット」

触覚を再現する「簡易テクタイルツールキット」の作り方が雑誌にあったので、作ってみました。


紙コップと簡易テクタイルツールキット


部品代は、全部こみこみで、たしか1500円ぐらい。

作った簡易テクタイルツールキットの中身


部品点数はさほどなかったのですが、記事中の配線が違っていたのと、ケースにきちんと入れるための加工が、素人には結構な作業でした。

紙コップの底面に振動モーターを貼り付け


UCCの紙コップ(笑)の裏側には、携帯電話のバイブとかにも使われる振動モーター。都合によりセロテープで貼り付け(^_^;)

ネットに触感のコンテンツがあがっているので、それを再生すると、紙コップに触感、というか振動が伝わってきます。

触感コンテンツ リンクその1
触感コンテンツ リンクその2

これ、結構というか、かなり感動。紙コップの中にビー玉落としたりゴロゴロさせる感触が、かなりリアルに味わえます。紙コップの中はもちろん空っぽ。そして音もちょっと聞こえたり。まさか振動モーターでこんなことができるとは。

視覚や聴覚を利用したVRは、まさに研究まっさかり。
触覚は、世間的にはそこまででないかもだけど、間違いなくこれから盛り上がる分野。

触覚は障害分野でも大いに活用できると思うので、障害分野を意識せずに研究&開発されているところに、「それ障害分野でも役立ちますよ!」ってリクルートしないといけないですねえ。お金にならない分野なので、あちらから声がかかることは少なそうだし(笑)

というわけで、引き続きいろいろやってみようと思ってるところです。

※雑誌の記事のWeb版はこちら。といっても、Webでは一部だけです。
触覚技術を使った電子工作(雑誌「I/O」2017年1月号)

ラベル:触覚
posted by おにぎり at 20:19| Comment(1) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

Apple Watch の「VoiceOver」と「ズーム機能」を試してみた

話題の「Apple Watch」。

アクセシビリティ関係の情報も、Apple公式サイトで流れています。
Apple - アクセシビリティ - Watch OS

実際どんな感じだろうと思っていたところ、友人の手元にApple Watchが届いたということで、押し掛けて「VoiceOver」と「ズーム機能」を試させてもらいました。

今回ためしたのは、スポーツモデルの大きい方です。

Apple Watchを持つ

<設定の「アクセシビリティ」>
Apple Watch単体でのアクセシビリティ設定は、「設定」の中の「アクセシビリティ」にありました。
項目は4つで、「VoiceOver」「ズーム機能」「視差効果を減らす」「オンオフラベル」です。

th_applewatch5.jpg

このうち今回は「VoiceOver」「ズーム機能」を、簡単にではありますが試しました。


<VoiceOver>

VoiceOverのメニュー項目

VoiceOverの項目を開くと、VoiceOverとスクリーンカーテンのオンオフ項目がありました。

画面にある説明文には「項目を洗濯するには、左右にスワイプします/選択項目を使用するには、ダブルタップします」というようなことが書いてありました。
ためしにスプリットタップをしてみましたが、iOSと同じく、ダブルタップと同じでした。
画面上で指をすべらせていくと、その場所を読み上げるのもiOSと同じです。

VoiceOverの設定画面が出ている状態で、デジタルクラウンを回してみたところ、左右フリックしたときのように1項目ずつ進むと思いきや、ちょっとちがう感じです。画面がスクロールしていき、一部読み上げてる感じです。詳細はいまいちわかりませんでした。
クラウンを回すと、左右フリックと同じになるといいかもな、とは思いました。

ホーム画面でVoiceOver

アプリの一覧がビーズのように出て来る画面(なんて言うのか分からないので、ひとまず以後ホーム画面と言います)で指を滑らしていくと、そのアプリ名を読み上げました。
ただしホーム画面が拡大状態で、アプリの一部しか表示されてない場合は、指をすべらしても、左右フリックを使っても、他のアプリは読み上げませんでした。

ホーム画面で全部のアプリが出るように表示したところ

そこでデジタルクラウンを回し、画面上に全てのアプリが出るようにしたところ、アプリを読み上げたり選択できるようになりました。

人のものだったので(笑)、あまりアプリは開いてませんが、ひとまず時計の表示にしてみたところ、現在時刻や日の入りの時刻など、画面に表示されている文字は、ちゃんと読み上げていました。
なので、iOS並には、一通りのことができそうな印象です。


<ズーム機能>

ズーム機能の設定画面

「ズーム機能」の項目を見ると、ズーム機能のオンオフスイッチがあり、その下には「オンにすると、2本指でダブルタップして表示を拡大/縮小できます。拡大中は、デジタルクラウンを使って表示を調節できます」と書いてありました。

2本指で拡大操作

書いてある通りやってみると、ちゃんとズームしました。
ダブルタップの2回目を画面につけたまま、上下にすべらすと、拡大率を調整できるのも、iOSと一緒でした。つまりiOSでの3本指ズームが、2本指になった感じです。

iOSとひとつ違っていたのは、ズーム時、画面の右上に、画面全体のどこを拡大しているかが分かるガイドが表示されていたことです。これはiOSにもあったらいいかもしれませんね。

あと画像を撮り忘れたのですが、この拡大状態でデジタルクラウンを回すと、最終的に画面全体が見られるように、横スクロール→改行→横スクロール→改行・・を繰り返しました。表示を調節とは、このことみたいです。特に文字を読むとき便利そうです。指で画面が隠れることもないですしね。


・・・以上が、今回試せたことです。

最初にリンクを書いた、Appleのアクセシビリティに関するページを見ると、ほかにも色々できるようですね。

身につけるデバイスって、身体が不自由な人にとってもメリット大きいと思うので、今後に期待です。

というか、ほしいです(笑)

posted by おにぎり at 14:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

らくらくホン8発表

2014年7月23日に、docomoから「らくらくホン8」が発表されました。
発売は9月中旬と書いてあります。
前モデルの「らくらくホン7」から数えると、約4年ぶりの新製品になりますね。
私の周りでも、待ちわびた人が多かったです。もう開発停止なんじゃないかといううわさもありました(笑)
視覚障害の世界では、ある意味生命線みたいな携帯電話です。

その視覚障害がらみでいくと、画面表示フォントが「ユニバーサル(UD)フォント」が採用されたと書いてありますが、たとえば読み上げの変更などについては、特に触れられていませんでした。

私の周囲では、Bluetoothのヘッドセット使えるようになれば、という声も多かったのですが、8でも見送られたようです。ちょっと残念。

詳細がどうなるか気になるところなので、詳細発表や実記販売を待ちたいと思います。

「らくらくホン8」報道発表資料ページ
posted by おにぎり at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZoomTextがWindows8.1に対応

ちょっと遅くなりましたが、ZoomText 10.1 for Windows 8 日本語版が、2014年6月10日に発売開始となってました。
以前のバージョンでは、Windows8.1だと日本語版を使えなかったので、念願のバージョンアップです。
以下のZoomTextのページでは、60日間使える使用版もダウンロードできます。
ZoomTextのページへ

posted by おにぎり at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

【iOS7.1】VoiceOver使用時のバグ

今日配布が始まった、iOS7.1。
早速アップデートし、VoiceOver環境で確認したところ、ネットやお知り合いなどから、以下のバグ情報を得ました(2014年3月11日現在)。

1 半角の¥マークに関するもの
半角の¥マーク移行に半角数字(もしかしたら英字も含む)があった場合、¥マークも含め全く読み上げません。
同じ行に日本語がある場合は、意味不明な読み上げをします。
これはSafariを使っていても同じで、例えば価格.comなど、商品の価格が「半角¥+半角数字」で表示されている場合は、そこを読み上げないことになります。ちなみにローターで「文字」を選択し、1文字ずつ読み上げさせた場合は問題ありません。が、これはかなり面倒なバグですね。
iOS7.0.6では、この症状は出ず普通に読み上げます。

2 長音符(ー)に関するもの
ローターで文字を選択し、1文字ずつ読ませているとき、長音符(ー)のところは無音になりました。
iOS7.0.6では、この症状は出ず普通に読み上げます。

とりあえず以上です。

カタカナの1文字読みの問題は解決されてたのに。
もぐらたたき状態ですね。
ラベル:iPAD iPhone voiceover IOS
posted by おにぎり at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

キートップが e-ink なキーボード

キーボードのキートップが e-ink になってて、その表示を自由に変えられるというものらしい。
白黒反転キーボードとかも、見やすいかどうかはさておき、簡単にできるようになりますね。
製品化されたら、まずは実機を見てみたい。
商品化に期待、e-inkキーボード(ギズモードより)
posted by おにぎり at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

iOS6.1でのVoiceOverの読み上げ

以前から指摘されてるVoiceOver関係の不具合。
iOS6.1にアップデートしてどうなったか、ざくっと検証してみた。
ちなみに検証に使ったのは、iPad2。

全角の英数字を1文字ずつ読ませると、韓国語で読み上げる文字がある件
→ネット上では、これが普通に読むようになったという報告があったけども、私の環境では、逆にうんともすんとも言わなくなった(苦笑)。

画面上の削除ボタンが「削除 削減するのさく・削る、除外するのじょ・除く」と説明読みになる件
→アップデート後も変わらず。

説明読みで「お」と「を」を区別しなかったり、英字が大文字かどうかわからない件
→アップデート後も変わらず。以前がどうだったか分からないものの「っ」は読み上げそのものがされてない。

日本語全角の「。」を「ピリオド」と読み上げる件
→アップデート後も変わらず。

・・・とりあえずこんな感じで。
合成音声の品質も、以前と同じだった。
せめて、らくらくホンぐらいの品質になってくれれば。

これら不具合の状況って、どこに言ったらいいのかな。
ネットを見ると、英語で書いて本社の窓口とって書いてあるけど、英語はハードル高いなあ。

このまま改善されないと、安定性はさておき、読み上げ上の心地よさは Android に差を開けられていくのは間違いなし。
安定性はとても大きな要素なので、これできちんと読み上げてくれさえすれば・・

※参考にさせていただいたページ:
iOS 6.0+VoiceOver: 日本の視覚障害者にとっての大きな1歩
ラベル:IOS iPAD iPhone voiceover
posted by おにぎり at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

タブレットPCと教科書と視覚障害・ディスクレシア

2010年1月中に、アップルがタブレットPCを出すということですが、それと関連して、タブレットPCを使って、こんな教科書にしたらというものがありました。

「タブレットが普及するのなら、こんな教科書作りたい」というビデオ


ここまでできる可能性は十分あるので、ディスクレシアや視覚障害の方対策として、音声読み上げ・拡大・色調調整の機能もぜひあったらなと思ったりします。

posted by おにぎり at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BMシリーズ機器用ユーティリティ バージョンアップ

KGSの点字ディスプレイ用ユーティリティ集「BMシリーズ機器用ユーティリティ」が、2010年1月5日付けのバージョンアップでWindows7に対応したとのことです。

ただし、USBドライバ自体は、機種によって対応状況に差があるようです。
詳細は、以下の最新情報ページをご参照ください。

「BMシリーズ機器用ユーティリティ」最新情報へ

posted by おにぎり at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

Catwalkが、点字ディスプレイ出力に対応

2009年12月1日付けで、Catwalkの点字出力モジュール(KZBraille)が公開されていました。

現在のところ、KGSの点字ディスプレイに対応しているとのことです。

どの程度の出力になるかは、まだ確認していません。
とりあえず、ご紹介。

お知らせページへ



posted by おにぎり at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

【ニュース】Intel、携帯型テキスト読み上げ機「Intel Reader」を発表

2009年11月11日付けのITMedia Newsで、インテルが「Intel Reader」という、印刷されたテキストを読み上げるデバイスを発表した、というニュースが出ていました。

基本的には、内臓カメラで墨字をキャプチャーし、それを音声合成を使って読み上げるというもののようです。

記事内の写真を見る限り大きさは、お弁当箱ぐらいでしょうか。片手で持つには大きいが、両手で持つには十分といった感じです。

また別の写真には、拡大読書機みたいなスタンドに固定し、下に本を置いて読み取らせている様子もありました。

日本語墨字の読み取りの問題があるので、この製品をちょこっと変えて日本で売るというのは、なかなか難しいところかもしれませんね。

実際、発売は米国のみのようですが、どれぐらいの読み取り力があるのか、試してみたいところです。

ITMediaの記事へ
Intelのプレスリリースへ(英語)



posted by おにぎり at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

大日本印刷の「光る・しゃべるポスター」

大日本印刷が、「光る・しゃべるポスター」を開発し実証実験を始めると、2009年9月4日付けのニュースリリースで出ていました。

普及して単価が下がると、手軽な音声案内装置になりそうですが、どうでしょう。

光る方も、コントラストが出せるのであれば、ロービジョンの方向けに使えるかも知れません。

詳細は、ニュースリリースをご覧ください。

大日本印刷のニュースリリースへ


posted by おにぎり at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

KGSより点字ディスプレイ「ブレイルメモ BM32」発売

2009年8月28日付けで、KGSから新しい点字ディスプレイ「ブレイルメモ BM32」を発売したと、公式サイトに出ていました。

大きな特徴は、点字表示が32マスになり、一般的な点字文章の1行をそのまま表示できるマス数を確保したことと、USBメモリーを直接差すことが出来るようになり、点字データのやりとりが楽になった、というあたりでしょうか。

価格は 357000円と出ています。

詳細は、以下のページをご覧ください。

商品のページへ


posted by おにぎり at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

【ニュース】振動で点字を伝えるタッチスクリーン、フィンランドで開発中

2009年8月1日付けで、engadget日本語版に「振動で点字を伝えるタッチスクリーン、フィンランドで開発中」という記事が出ていました。

おおざっぱに言うと、タッチスクリーンに表示されている文字(墨点字?)を指でなぞると、一定のルールで表した振動によって点字を表現する、というものだそうです。

フィンランドの研究、発想はおもしろいと思います。
ただ、手触りではただのつるつるしたスクリーンで、文字がある場所を探すというのは、なかなか難しそうですがどうでしょう。
記事を読んだだけで詳しいことは分かりませんが、表示位置や触り方に、一定のルールを持たせた方がいいような気がしますね。

それと1マスの表現に1.25秒かかるというのも、ちょっと気になります。単語ならまだしも、文章を読むにはちょっと厳しい速度かなと思いますが、いかがでしょう。

今後も注目したいと思います。

ちなみに振動で点字を表現するといえば、日本では長谷川貞夫さんの「体表点字」がありますね。

ニュース記事へ
長谷川貞夫さんの体表点字の一例(ご本人のブログより)


posted by おにぎり at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

【ニュースより】RFIDで視覚障害者を誘導するハイテク杖、米大学が開発

ちょうど今、視覚障害者が白い杖で単独歩行できるよう訓練する人(歩行訓練士)の養成課程を受講していることもあり、興味あるニュースです。

障害物に当たった時、回避すべき方向を音声でナビげージョンするとあるので、実際どういうナビゲーションをするのか、聞いてみたいところです。

受講してて思うのですが、視覚障害のかたが白杖で歩くというのは、見える人が歩く方法とはずいぶん違った技術を使って歩きます。以前の私も含めて、それは知っていないと、イメージしづらいです。

そういったことも踏まえた上で、このような技術が開発されるとすばらしいなと思います。

最後に日本語版の記事(ITmedia)へのリンクと、原文へのリンクを、以下にはっておきます。
私、英語苦手なんですよね・・・だれか訳してくれないかなあ(笑)

ITmediaでの記事

Smart Cane gives a new direction





posted by おにぎり at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

Miyamiyaのソフト バージョンアップ

2009年7月に入り、Miyamiyaさん作成のソフトの多くがバージョンアップされていました。

以下が、一覧です。

MMニュース:バージョン3.00
MMデータベース:バージョン0.06
MMホームページ検索:バージョン1.00
MMメール2:バージョン2.63

詳細は、ホームページを参照のこと。

Miyamiyaのホームページへ



posted by おにぎり at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドボイス5 発売

高知システム開発の宛名書き住所録ソフト「アドボイス」の、メジャーバージョンアップ版「アドボイス5」が、2009年8月3日に発売予定であると、公式サイトでお知らせが出ました。

数々の機能が追加されているようです。

詳細は、お知らせページを参照のこと。

アドボイス5 お知らせページへ



posted by おにぎり at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

【ニュースより】大阪府立大、カメラで撮影した文字などをパソコン出力する技術開発

2009年7月24日付けの日刊工業新聞ウェブ版で、大阪府立大が、カメラで撮影した文字などをパソコン出力する技術開発した、というニュースが出ていました。

ビデオカメラ?で写した文字を、リアルタイムで認識する技術のようで、視覚障害者へのサポートも視野に入れられているようです。

現在、墨字の活字印刷物を認識させるには、基本的にはスキャナでスキャンするというのが一般的なので、今回のシステムが、それなりの価格で高速に動作する物であれば、利用価値がありそうですね。

そういう意味で、今後の展開が気になるニュースでした。

ニュース記事へ

posted by おにぎり at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

MMメール2 Ver.2.59へバージョンアップ

MMメール2が、2009年6月16日づけで、Ver.2.59へバージョンアップしていました。

製品サイトによると、今回の修正は以下の通りです。

アドレス帳のソートを行った後に、アドレスが1個もないグループへのグループ移動を行うと、強制終了する件の修正。


詳細は、製品サイトまで。

MMメール2 製品サイト

posted by おにぎり at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。